WordPressのインストール

やっと、WordPressのインストールです。
WordPress.ORGのサイトから、WordPressのセットアッププログラムをダウンロードします。現時点では、http://ja.wordpress.org/install/ からダウンロードできました。現在の時点で、ダウンロードしたセットアッププログラムは、『wordpress-3.9.1-ja.zip』です。

ja.wordpress.org install
ja.wordpress.org install

 

①ダウンロードファイルの解凍と移動

ダウンロードしたWordPressのフォルダは、XAMPPフォルダ下に移動します。XAMPPは、インストール時に、Cドライブ直下にインストールしたため、パスは『C:¥xampp』です。
xamppフォルダの中に、『htdocs』というフォルダがあるので、ここに『wordpress-3.9.1-ja.zip』を移動、続いてファイルを解凍します。ZIPファイルを解凍してから移動してもいいです。私は自分が管理しやすいように、ZIPファイルごと移動することにしました。解凍されたWordPressのファイルのパスは、『C:¥xampp¥htdocs¥wordpress』となります。

ファイルの移動
ファイルの移動

 

②WordPressの設定ファイル『wp-config.php』の編集

ブラウザを開き、URLに『http://localhost/wordpress/』と入力します。実行すると、wp-config.phpの作成に関するエラーメッセージが表示されるので、『設定ファイルを作成する』をクリックします。

エラーページから設定ファイルを作成する
エラーページから設定ファイルを作成する

 

③設定ファイル wp-config.phpの作成

『さあ、始めましょう!』をクリックする。ここでは、前回作成したWordPress用のデータベース、そのデータベースを操作できるユーザー名、パスワードを背ってします。データベースのホスト名は『localhost』、それ以外はデフォルトのまま進めます。最後に『送信』ボタンを押します。

wp-config.phpの作成
wp-config.phpの作成

 

④インストールの実行と、『ようこそ』画面に情報入力

『インストールの実行』を開始します。
インストールが実行されると、『ようこそ』と書かれた画面が表示され、必要事項を入力することになります。ここで、入力するユーザー名やパスワードは、WordPressにログインするためのものですから、新規に設定することになります。また、このサイトはローカル環境なので、『検索エンジンによるサイトのインデックスを許可』するは関係ないので、チェックを外しておきます。最後に、『WordPressをインストール』ボタンを押します。

サイト情報の入力
サイト情報の入力

 

サイト情報の入力2
サイト情報の入力2

 

⑤ログイン画面の表示

『ログインボタン』を押すと、『成功しました』とい

う画面が表示され、『ログイン』ボタンを押すと、通常のログイン画面が表示されます。
ちなみにアドレスは、『http://localhost/wordpress/wp-login.php』です。これから、このログイン画面に入りたいときは、ブラウザのURLに、このアドレスを入力したり、お気に入りに登録したり、リンクアイコンをデスクトップやクイック起動に登録しておけば良いことになります。

ログイン
ログイン

 

⑥完了

これで、WordPressをローカル環境で使用できるようになりました。