XAMPPのインストール手順

Apache Friends(https://www.apachefriends.org/jp/index.html)でXAMPPのインストールプログラムをダウンロードすることができます。現在、TOPページのインストールメニューをクリックすると、自身のPCのOSにあわせ、自動的にプラグラムのダウンロードが始まるようです。メニューの『ダウンロード』を選ぶと、Windows版、Linux版、OS X版のダウンロードメニューが表示されます。最新のWindows版の場合、ダウンロードされたファイル名は、『xampp-win32-1.8.3-4-VC11-installer.exe』でした。

①xampp-win32-1.8.3-4-VC11-installer.exeを起動する

自身のPCに導入しているセキュリティソフトの種類によって表示は異なりますが、警告メッセージができます。ここでは『実行』や『yes』を選んでインストールすることになります。

警告メッセージ
警告メッセージ

②インストーラ―を実行する

『Next』を選択します。 デフォルトのまま、インストールを続行します。

XAMPPインストールショット1
XAMPPインストールショット1

 

XAMPPインストールショット1
XAMPPインストールショット1

インストール作業だけで、Bitnamiのサイト情報は閲覧ししない場合、チェックボックスを外します。『Next』を押し、作業を続行します。

XAMPPインストールショット2
XAMPPインストールショット2

 

XAMPPインストールショット3
XAMPPインストールショット3

 

③インストールの完了と起動

インストールが完了したあと、すぐにXAMPPを起動するので、チェックを入れたまま、『Finish』を押しました。

『Apache』と『MySQL』の『Start』ボタンをクリックすると、両者が起動します。

XAMPPインストールショット4
XAMPPインストールショット4

起動したApacheとMySQLは、緑色でハイライトされました。   次回もXAMPPの設定が続きます。

XAMPPコントロールパネル起動後
XAMPPコントロールパネル起動後