ローカル環境へのインストール

WordPressを使い、自身のサイトを公開するとき、レンタルサーバーを利用している方も多いと思います。今は、WordPressに対応したレンタルサーバー業者もあり、簡単にWordPressをインストールできる環境を整えてくれています。そのため、管理画面からすぐにWordPressをインストールすることができます。
私も、WordPressに対応したレンタルサーバーを借りてサイトを公開していますが、それとは別に、勉強用に自分のPCにもWordPressをインストールしています。自分のPC上だけでWordPressを利用する環境がローカル環境です。
でも、WordPressをローカル環境にインストールするのは、ちょっと面倒くさいです。WordPressをインストールする前に、レンタルサーバーでのインストールでは自分でやる必要がない事前準備があるからですね。

事前準備の予備知識 ローカル環境でWordPressを使うにはWebサーバーとMySQLが必要

従来のホームページ製作ソフトでは、自分が作ったデータを、ファイル転送プロトコル(FTP)などを利用して、Webサーバーにアップロードしていました。ブラウザ上で、自分が作ったWebサイトを表示するには、WebサーバーにWebサイトのデータを保存する必要があるからです。HTTPというプロトコルを使い、ブラウザ上にデータを表示するサービスを提供するコンピューターがWebサーバーと呼ばれています。
多くのユーザーは、自分でWebサーバーを立てる必要がないので、Webサービスを提供する機能を搭載していないクライアントOSがインストールされたPCを使っています。
自分のWebサイトを構築するのなら、無料で利用できるWebサーバーを使うために、どこかサイトにユーザー登録したり、お金を払って業者と契約を結び業者のレンタルサーバーを利用させてもらったりしています。

WordPressでブログを投稿したり、固定ページを作製したりするとき、記事をWebサーバーにアップロードする必要はありません。なぜなら、WordPressの管理画面自体、Webブラウザ上に表示されていますし、WordPressの管理画面のメニューから、直接、記事を書き、公開をクリックすれば、すぐに記事がサイトに反映されるからです。
こうしたことが可能なのは、ユーザーが意識しなくても、バックグラウンドでWordPressがWebサーバーにアクセスする仕組みが働いているからですね。逆に、そういう仕組みで動いているということは、Webサーバーにアクセスできない環境では、WordPressは動作できないということでもあります。

くわえて、前回も触れましたが、WordPressはデータを『MySQL』を利用して動的に管理運用しています。そのため、MySQLも利用できる環境にしなければ、WordPressを使うことができません。
でも、多くのユーザーがPCで使っているのは、クライアントOSという製品なので、Webサーバーサービスも、MySQLサーバーサービスも、標準搭載されていません。そこで、それらサービスを提供するソフトを追加してやる必要があります。

XAMPP

私は、WordPressを利用するPCがWindows機なので、『XAMPP(ザンプ)』というフリーウェアを利用しました、WordPressに使うだけの話なので、お手軽なものでいい。
おもにソフト開発の動作チェックや学習用途に使われているようなフリーウェアで、お手軽にWordPressをローカル環境を整えられます。こうしたフリーウェアにも種類があり、OSの種類によって、使用者が多いソフトが異なります。Windows機でもXAMPPでなければならないわけではないのですが、XAMPPはWindows機で、よく使われているフリーウェアなので、これを選びました。ちなみに、図に表示されているApache(Apache HTTP Server)とは、世界規模で、もっとも多く使われているWebサーバソフトです。

XAMPPコントロールパネル
XAMPPコントロールパネル