『WP Multibyte Patch』の確認

WordPressをインストールすると、標準でインストールされているプラグインのひとつに、『WP Multibyte Patch』があります。
日本語は英語などの言語とは文字数のカウントなどが異なってしまうため、文字に関わる設定変更をする場合、このプラグインを有効化しておかないと自分の想定した文字数とは違う結果になったり、文字化けしてしまったり、問題に見舞われるケースが増えます。
そのために、日本語版のWordPressには、標準で対応のプラグインがインストールされているともいえますが、プラグインは有効化しないと、機能が適用されません。
管理画面の〔プラグイン〕-〔インストール済みプラグイン〕から、『WP Multibyte Patch』が有効化されていることを確認します。有効化されていない場合は、有効化しておきます。

 

WP Multibyte Patchの確認
WP Multibyte Patchの確認

 

抜粋表示にする

トップページに投稿記事一覧を表示していますが、記事を全部表示せず、一部を抜粋表示する設定にしたいと思います。
投稿記事を作成するときに、テキストエディタのMoreタグ、ビジュアルエディタの『続きを読む』タグを挿入するという機能を使う方法もありますが、記事一つ一つに設定をかけていくのではなく、自動的に表示される記事が折りたたまれるようにしたいと思います。

 

記事を抜粋表示にする
記事を抜粋表示にする

WordPressは、世界中で使われていて、さまざまなプラグインがありますが、標準語は英語です。こと文字に関連した設定変更に関わるものは、英語サイト上では有効であっても、日本語サイトでは、トラブルの元になってしまうこともあります。プラグイン自体の設定を書き換えなければならないこともありますし、便利なはずのプラグインで、逆に時間を取られてしまうことにもなりかねません。TwentyFourteenかつ日本語環境で、自分の思い通りに適用されるプラグインを探すほうが手間という現実もありますから、ここでは、もっとも確実な方法 - PHPファイルを編集することにしました。

 

子テーマのcontent.phpの編集

①子テーマにcontent.phpをコピーする
子テーマのフォルダのなかには、まだcontent.phpがありません。そのため、親テーマのcontent.phpを、子テーマのフォルダのなかにコピーします。
ローカルの環境なので、親テーマと子テーマのフォルダは、C:\xampp\htdocs\wordpress\wp-content\themes下にあります。
親テーマのフォルダの名は『twentyfourteen』、子テーマのフォルダ名は自分が設定した名前です。
私の場合、子テーマフォルダの名は『twentyfourteen-child』です。そこに、親からコピーしたファイルを子テーマフォルダ内にコピーしました。

現状の子テーマフォルダ内
現状の子テーマフォルダ内

 

②content.phpの編集
管理画面の〔外観〕-〔テーマ編集〕をクリックします。
右側の『編集するテーマを選択』の部分が子テーマのフォルダになっていることを確認して、content.phpをクリックします。
ウィンドウのサイズによって行が違ってしまうと思いますが、中段よりやや下方に以下のような記述がある部分があります。
まずは、この部分の一行目を編集します。

 

変更前と変更後
変更前と変更後

 

あらかじめ、検索結果は抜粋表示という指定がされています。
私は、ここに『ホームページ(サイトのトップページ)』、サイドバーにメニューを設けたーカイブやカテゴリでは抜粋表示にするという設定をします。

<?php if ( is_search() || is_home() || is_archive() || is_category() ) : ?>

 

 ④結果を確認。でも、content.phpの編集だけではシンプル過ぎる

検索結果同様の抜粋表示になりました。ホームページのほかのアーカイブやカテゴリでも抜粋表示なったのが確認できました。記事のタイルをクリックすれば、該当のページに飛びます。

抜粋表示(contentのみの設定)
抜粋表示(contentのみの設定)

 

ここまでが、自動的に抜粋表示する基本的な設定です。これで良いと思えば、ここで作業を終えることになりますが、私は〔…〕ではなく、『この続きを読む』という文字を表示し、その文字列をクリックすると、各ページに飛ぶリンクを貼りたいと思います。

ただ、この設定をするにはfunctions.phpというテーマの関数ファイルを設定する必要があります。
このファイルは、設定を誤ると、画面が真っ白になって管理画面にも入れなくなってしまうなどのトラブルが起きるなど、他のPHPファイルとは一線を隔した存在。
そこで、functions.phpの注意点や万が一、トラブルがおきたときに対応できる環境を整えてから、functions.phpの編集をしたいと思います。
長くなりましたので、続きは次回、『自動的に抜粋表示にする PART2』で。お楽しみに。