前回は、WordPressのテーマ『TwentyFourteen』のメインサイドバーに配置するウィジェットをみやすくするために、ウィジェットタイトルに設定変更を加えました。

 

 

前回のおさらい
前回のおさらい

タイトル部の背景色や線を指定したり、図柄を入れたりしましたが、今回はスタイルシートの編集なしに、ウィジェットにさまざまな設定をくわえることができるプラグインをご紹介しておきたいと思います。

 

Widget Icon

Widget Iconで設定
Widget Iconで設定

 

ウィジェットの前後やタイトル横にWebアイコンを表示したり、ウィジェットに表示される投稿に投稿日を付与したり、ウィジェットに表示される内容をリストにしたり、それぞれの項目ごとに投稿数の表示、非表示を設定したり、ウィジェットの見ばえだけでなく、管理もしやすくしているプラグインです。図のアイコンやリストはスタイルシートの指定ではなく、『Widget Icon』プラグインを使って設定しました。

①『Widget Icon』をインストールする
管理画面の〔プラグイン〕-〔新規追加〕をクリックします。プラグインの検索ボックスに『Widget Icon』と入力して実行します。

プラグインのインストール1
プラグインのインストール1

『いますぐインストール』ボタンを押す

 

プラグインのインストール2
プラグインのインストール2

②有効化する

プラグインの有効化1
プラグインの有効化1

インストールが終了すると、画面が切り替わるので、『プラグインを有効化』をクリックします。プラグインをインストールしても、有効化しないうちは、プラグインが動作しません。もし、ここで有効化しなかった場合や、プラグインを有効化したか、しなかったか分からなくなってしまった場合は、管理画面の〔プラグイン〕-〔インストール済みプラグン〕で確認できます。

プラグインの有効化2
プラグインの有効化2

 

動作しているプラグインは、左側に青い線がつき、背景が薄い青色の状態に反転しています。また、有効化され、動作中のため、『停止』というメニューが表示されています。

③設定は管理画面の〔外観〕-〔ウィジェット〕から行う

設定画面
設定画面

実際の操作設定は、管理画面の〔外観〕-〔ウィジェット〕から行います。ウィジェットごとの設定になるため、ウィジェットの種類により、表示されるメニューも異なりますが、ウィジェットごとの設定になるので別々の設定をかけていくことができます。

設定例
設定例

たとえば、メインサイドバー内、コンテンツサイドバー内で同一種のウィジェットを複数配置したとしても、それぞれに異なる設定ができますから、コンテントサイドバーとメインサイドバーに同一種類のウィジェットを配置したとしても、異なる設定にすることも可能です。

ページが長くなりましたので、今回はここまで。PART3では、ウィジェットエリアに配置されることが多いカテゴリの並び順を楽に変更できるプラグインをご紹介したいと思います。