前回は、投稿(ブログ記事)と固定ページの記事の並び替えの双方について触れましたが、今回は投稿に限った話です。先に、投稿記事の順番を、プラグインを使って並べ替えたときの特徴について確認したいと思います。

Post Types Order

今回は投稿記事の並べ替えに『Post Types Order』というプラグインを使います。他にも同様の機能を持つプラグインは数多くありますが、投稿記事の並べ替えの有名なプラグインのひとつです。
管理画面の『プラグイン』>『新規追加』から簡単にインストールできます。

2-1
インストール終了後、有効化すると、管理画面『投稿』に『Re-Oder』というメニューが追加されます。
このメニューをクリックすると、ドラッグアンドドロップで移動できる投稿記事一覧が表示されます。

2-2

『カテゴリー』と『最近の投稿』の確認その1

2-3

投稿を利用して、物語を書いているとします。カテゴリーをクリックしてみると、デフォルトの状態で、最新の物語(記事)第3話がトップに来ていますが、この場合は第1話から並んでいるほうが都合よい。また、『最新の投稿』も、第3話がトップに来ています。

管理画面『投稿』>『Re-Order』で記事を並べ替える

2-4

ドラッグアンドドロップで記事並べ替えが可能です。最後に下段にある『Update』ボタンを押すのを忘れると、変更が保存されません。

『カテゴリー』と『最近の投稿』の確認その2

2-5

記事の並べ替えが成功しました。
この方法でも、特定のカテゴリーの並び替えを実行することが可能です。なぜなら、記事を並び替えたいカテゴリーの記事の並び順を並べ替えればよいので、他のカテゴリーの記事の並び順まで、一斉にかわってしまうことがありません。ただ、影響が出る箇所もあります。

2-6

これはウェジェット『最近の投稿』です。投稿記事一覧の並び順自体が変わっているので、上段にあるほうが、より新しい記事だと判断して、もっとも新しい記事を第1話だと判断しています。今回は、この記事を書くために、連続で、記事例を投稿しましたが、小説だった場合、何年も前に書いた第1話が最新の投稿に表示されてしまうことになります。もちろん、このウィジェットのように、影響が出るウィジェット使わないなどの方法を取るというのも、ひとつの手だと思います。
その他として、PHPを編集し、query_postsを使うという方法もあります。記事一覧そのものの並びを変更することなしに、他の部分に影響を与えずに、カテゴリーの一覧上の記事の並び順を変更することができるのです。

ただ、PHPの編集は、余計な空白や記述ミスでWordPressにログインできなくなるといったトラブルが起こる可能性があります。編集箇所は多くありませんから、設定ファイルのバックアップを取り、WordPressにログインできなくてっても、FTP経由でファイルを復旧することが苦にならない方なら、どうということはないトラブルではあるのですが、そういうのが苦手だという方は、プラグインを使ったほうが良いかもしれません。

実は、このプラグインの記事を書いておく気になったのは、私がWordPressにログインできないというトラブルをやっちゃった(*^_^*)からなのです。原因は、要らん空白行が最後に入ってしまったからでした。
最後の行をいじったつもりはなかったんですが、うっかりエンターキーでも押しちゃったあと、ファイルを上書き保存したんでしょうね(-_-;)。

私は、時々、PHPファイルいじって、『あーログインできね~』という問題に見舞われているし、ファイルのバックアップもあったので、大して焦りもしなかったのですが、心臓に悪いと思われる方は、PHPの編集には注意してください。

長くなりましたので、今回はここまでにします。