WordPressにGoogle Adsense公式プラグインをインストールする

2-1

管理画面の『プラグイン』>『新規追加』をクリックします。すると、『プラグインの追加』という画面が表示されるので、画面右端の『キーワード』検索の欄に『Google AdSense』と入力し、実行します。
すると、『Google AdSense』公式プラグインが最初に表示されます。このなかに、『今すぐインストール』というボタンがありますので、これを推せば、インストールが開始されます。

 

 

プラグインの有効化

WordPressにインストールしたプラグインは、有効化しなければ使えません。

2-2

 

インストールが実行されると、『プラグインを有効化』『プラグインインストーラに戻る』という文字列が表示される画面になります。ここで『プラグインを有効化』をクリックします。

2-3

補足
もし、先ほどの画面で有効化しないまま、他の画面に切り替えてしまったとしても、大丈夫です。管理画面の『プラグイン』をクリックすれば、『インストール済みプラグイン』一覧が表示されるので、この画面から、プラグインの有効化できます。
また、プラグインの停止、削除も、この画面からできるようになっています。

 

グーグルアドセンス公式プラグインの設定画面

インストールと有効化が完了したら、設定は、管理画面の『設定』>『AdSense』から行うことができます。

2-4
最初にプラグインを利用しようとすると、グーグルアカウントにログインすることが書かれた画面が表示されます。ここで、『ご利用方法』と書かれたボタンを押します。

2-5
すると、広告を利用するサイト情報を確認する旨のメッセージが表示されるため、『確認する』ボタンを押します。

2-6

コラム:ローカル環境では利用できない
実権的に動作確認したいという理由から、ローカル環境のWordPressで使ってみましたが、プラグインのインストール自体は行えるものの、このサイト確認の段階で、はねられました。ネット上に公開しているサイトでないと、ここから先への画面へは進めません。

 

AdSenseプラグインの管理画面

管理画面の『設定』>『AdSense』に、以下のような画面が表示されたら、インストールと有効化が完了し、実際に広告配置を行うためのツール画面が表示されます。

2-7

長くなりましたので、今回はここまで。
次回は、広告を配置し、広告の上部に『スポンサーリンク』や『広告』と表示するまでを掲載したいと思います。