WordPressを使っているか、いないかなど、プラットフォームは関係ないグーグルアドセンスの記事は、固定ページにまとめています。基本事項を確認したい方は、固定記事の『グーグルアドセンス(GoogleAdSense )』をご確認ください。
投稿記事では、WordPressを使った広告ユニットの設置の仕方などを書いていきます。

本当に利用規約が厳しいアドセンス

グーグルアドセンスは、利用規約が厳しいことが有名です。
たった一度、自分で自分の広告をクリックしたら、広告配信が停止されたとか、毎日、サイトを閲覧してくれる人間が、毎日、広告をクリックし続けたことが原因で、偽装だと疑われ、一悶着あったとか、いろんな話が聞かれます。
そのため、実際に広告ユニットを貼るにあたり、事前に知っておきたい注意点をまとめておきたいと思います。

面倒だと感じる方も多いかと思いますが、お金が発生することですから、厳しいのも当然といえるのかもしません。
アフィリエイトとは、挫折したら、『時間』や『労力』といったことは損になります。でも、資金的なリスクなしに新たな商売を始めるわけですから、色々、厳しいことがあるのも仕方ありませんね。

そもそも、グーグルアドセンスの規約が、どんどん厳しくなっていった一因は、サイトの内容はまったく無意味なものにして、いかにサイトを訪れた人に広告をクリックさせるかという詐欺的なサイトが肥大化するなどの問題が起き、グーグルが、これを改善してきた結果だったともいえます。

 

アカウント停止、無効になる人も、現実に珍しくない

グーグルアドセンスは、規約違反でアカウントが停止されてしまうと、再審査をパスしなければ、広告配信が停止されますし、もっと酷い規約違反をやると、アカウントそのものが無効化されてしまい、二度とアドセンスが利用できなくなってしまいます。再申請も、簡単なことではありません。身内の名を借り、親戚の住所を使いといった方法で、また、新規に申請したなんて、本当に笑えない経験談も、ザラにあると考えてください。
そのため、実際にアドセンス広告を運用する段階に入る際、適当なことをやってはいけません。せっかく二次審査も通ったのに、規約違反の深刻さがピンと来ないうちに、おかしなことをやって、トラブルになるのも勿体ないので、事前に、禁止事項を確認することは大事です。
でも、公式サイトでたくさんの規約をひとつひとつ確認するのは面倒という方のために、最低限抑えておきたい禁止事項を、まとめてみました。

アドセンス広告は1ページに最大3つ

アドセンスにはいくつか広告の種類があるのですが、一般的に、多くの人が『アドセンス』と聞いて思い浮かべる広告タイプは、『コンテンツ向け広告』です。
コンテンツ向け広告は、『1ページに最大3つまで』というルールがあります。そのため、3つ以上貼ってしまうと広告の部分が空白になり、警告を受けたりするので、3つ以内に収まるようにします。

広告の種類によっても規約条件がある
アドセンス広告は、他にも『グーグルカスタム検索』と呼ばれる広告ユニット、リンクユニットといった複数種類の広告ユニットがあります。ただ、これら他の種類を利用するにあたっても、たとえばコンテンツ向け広告が一緒に表示されてはならいなどの制約があるため、自分が利用する広告ユニットによって、規約に引っかからないようにする必要があります。

自分のサイトの広告を自分でクリックしない

グーグルは誤クリックに対しても、非常に厳しい対応をします。そのため、自分のサイトで自分が貼り付けた広告をクリックするようなことは、絶対にやってはいけないことなのです。
『間違って、ちょっと押しちゃいました』という言い訳も、まったく認められないというのは有名な話ですし、広告の動作を確認したいという理由でも、ダメなものはダメです。
そのため、サイトに広告を貼ったら、故意は言うに及ばず、うっかりクリックしてしまうこともないよう注意する必要があります。

ポリシーに反することは書かない

固定記事の『グーグルアドセンス(GoogleAdSense )自分のWebサイトやブログを用意する』に、禁止コンテンツのことを書いたのですが、広告の審査を通過したあとの記事も、ダメなものはダメです。たとえば、アダルトコンテンツ、暴力的な記事、アルコールやタバコに関するコンテンツなど、さまざまな禁止事項があるため、サポートサイトで、よく確認してください。
もちろん、著作権侵害も禁止事項ですから、他サイトからのコピペのほか、引用や参考文献も、適当なことをやると、広告の配信停止を受ける可能性があります。

もちろん、反社会的、反道徳的な図、写真、動画などのコンテンツ掲載も禁止事項です。

https://support.google.com/adsense/answer/1348688?hl=ja&topic=1271507&ctx=topic

クリックを誘う行為も禁止

メニューと誤ってクリックしてしまうような広告配置にしたり、サイトをスクロールすると広告も追尾してくるような機能を利用したり、クリックを誘導する文言、あるいは、広告だと知らせずにクリックしてしまうようなサイト構成といった詐欺的な行為も禁止です。

多くの人をクリックさせたいという思いを強くして、それ優先のサイトを作るために、色々、危険なことをやるのは、グーグルアドセンスには向いていません。
それでも、あの手この手で工夫されている方もおられるようですが、そういう方は、細かい規約を熟知している達人さんたちでもあるので、自分が規約を熟知していないと思う方は、逆に、常識的なサイトを構築し、常識的に運用していくほうが安全です。