WordPressをインストールしたら、サイトのはじめにサイトの初期設定を行います。
管理画面の「ユーザー」をクリックして、「あなたのプロフィール」を表示します。

個人設定

□ビジュアルリッチエディターを使用しない

1-1
1-1

WordPressのエディタには、『ビジュアル』と『テキスト』タブで切り替えられるビジュアルリッチエディタとテキストエディタが利用できます。
前者は、たとえば文字色や段落設定、太字や斜体などをタグなどの修飾をHTMLやCSSのタグを使わずにボタンで簡単に編集できるようになっています。

1-2
1-2
1-3
1-3

デフォルトで新規に投稿原稿を書く場合は、デフォルトでビジュアルが開きますが、テキストエディタだけで原稿を編集することが多い場合は、『ビジュアルリッチエディターを使用しない』にチェックを入れると、デフォルトでテキストエディタが開くようになります。ただ、ビジュアルタブも表示されなくなり、テキストエディタのみの表示となります。

□管理画面の配色

管理画面の配色を変更できます。

1-4
1-4

たとえば図のように『エクトプラズム』を選択すると、メニュー欄の背景色など管理画面の配色が変更できます。

 

□コメントモデレーション用のキーボードショートカットを有効にする


日本語公式サイトには、以下のように記述されています。

WordPress バージョン 2.7 より、コメントを閲覧したり承認したりするためのキーボードショートカット機能が導入されました。これらのショートカットはコメントのナビゲートや操作をすばやく実行して時間を節約できるようにデザインされています。コメントがたくさん寄せられるブログならこれらのショートカットがきっと役に立つでしょう。

公式サイト http://wpdocs.osdn.jp/Keyboard_Shortcuts より

たとえばコメントを承認するのにキーボードの『a』ボタンを押せば良いといったショートカットの設定です。どのようなショートカットの種類があるかは、公式サイトに記述されています。

ショートカット設定があったほうが便利だと思う場合は、『コメントモデレーション用のキーボードショートカットを有効にする』にチェックを入れます。

 

□サイトを見るときツールバーを表示する

デフォルトでは、管理画面にログインした状態で、サイトを表示すると、上部にツールバーが表示されます。管理画面からサイトを確認するのに、これを非表示にしたい場合は、『サイトを見るときツールバーを表示する』にチェックを外します。

1-5
1-5

校正
日本語環境では使えません。校正ツールは英語・フランス語・ドイツ語・ポルトガル語・スペイン語に対応しています。

メール投稿
メールを利用して投稿記事をアップする設定画面です。
メール投稿を有効化する
このボタンを押すと、メール投稿が有効化されます。ただ、ここで設定したアドレスに投稿したメールは、すべて投稿されてしまうので、専用のアドレスを作成します。
アカウント管理
アカウントの新しいパスワードを設定したり、携帯電話を紛失したり、公共のコンピューターからログインした場合、現在ログインしている場所を除き、接続を遮断できます。

1-6

プロフィールを更新
最後に『プロフィールの更新』ボタンを押さないと、設定変更が反映されません。
設定変更を行った場合は、このボタンを押すのを忘れないようにします。

1-7